不動産のことならなんでも
TEL.045-333-0181
  • 株式会社親栄商事 星川店
  • 株式会社親栄商事 西谷店

   保土ヶ谷区にも古墳があった

 

瀬戸ヶ谷町の台地上に、かって存在した古墳はかなり大きな前方後円墳でその規模は横浜でも屈指のものである。この古墳の存在は近在の人々の間では知られていたというが、発見されたのは昭和18年という。

場所は保土ヶ谷橋のほど近く、現在の瀬戸ヶ谷町第二公園の西側で保土ヶ谷本陣の南側の台地である。地主の軽部三郎氏が耕作中に埴輪を発見したとされる。同名の保土ヶ谷本陣家は近辺に広大な土地を所有していたことから、本陣家の土地であった事が想定される。

 

昭和24年頃宅地開発の計画が提示され、初めて正式の調査をした模様。後円部は西に向いており、全長は約41mと近隣には類を見ない大きさである。その築造時期は6世紀と見られている。

これまでに墳丘から人物埴輪のほかに動物埴輪や家形、盾、刀、靱(ゆき)などが出土している。現在は丘陵地の住宅街に姿を変えていて、その昔この場所に古代の古墳があったとは思いも及ばない。

 

釜台町の保土ヶ谷中学にも古墳があった。ここには円墳が6基確認されている。

昭和32年に調査された後に破壊され学校の敷地となった。築造年代は古墳時代後期のものとされており、瀬戸ヶ谷古墳とは形状も全く違うものの築造年代はそう離れてはいないと思われる。

保土ヶ谷中学の北側に隣接する上星川遺跡では、三世紀ころの竪穴住居跡・16軒が発見されている。ここは現在釜台公園として整備されている。

 

仏向町は広いエリアにまたがっているが、橘中学の西側にも古墳が一基あった。この古墳は仏向神塚古墳と呼ばれている。釜台町の古墳と同じ円墳であり、築造年代は古墳時代初期のものと推定されているが、或いは中期にまで降るのではないかとも思われる。

同古墳は昭和52年に調査され、円墳の直径は23mで高さは2m。古墳の周囲には幅1.4m深さ0.4~0.8mの溝(濠)が掘られていた。調査により首飾り用と思われる玉類・鉄板片・土師器などが出土している。

尚、仏向団地では縄文時代から古墳時代にかけての集落跡や方形周溝墓が確認されていて、この地域に古くから長期間にわたって人が住んでいたことが判明している。

 

この他、区外にはなるが横浜駅西口にほど近い、軽井沢にも古墳があった。現在の関東自動車学校の敷地・南側周辺がそれである。全長約27mの前方後円墳で、築造年代は七世紀とされている。

 

以上見て来たように、保土ヶ谷の古墳はいずれも台地上に形成・築造されていた。

帷子川や今井川の水を飲用や水運・漁に利用していた事が窺われる。

いずれも、現在では学校などに姿を変えていてその面影は残されていない。